管理会計

 

ドラッカーによれば、企業の目的は「新たな顧客(市場)を創造する」ことであり、利益を上げることではありません。しかし、利益は業績の評価基準です。また利益は、事業の継続と発展のための未来のコストでもあります。したがって、利益は管理されなければなりません。そのために管理会計が必要です。

税務会計では、様々な個別利益管理ができません。顧客別に、製品別に、事業別に、地域別に、それぞれの企業の置かれた状況、事業戦略と戦略目標によって、管理すべき対象は異なりますが、どこでどれだけ儲かっているのか、いないのか、そしてどこで儲けるべきなのかを知ることは、経営の基本です。

 

@bridgeコンサルティングは、ものづくり企業を中心に、個別原価管理や標準原価の設定、事業別の貢献利益の算出などの仕組みの構築を支援します。

© 2015 by @bridge consulting.